医院概要・スタッフ紹介

山口歯科診療所について About

西宮市の歯医者「山口歯科診療所」では、患者様によりよい診療をご提供できるよう先端設備を積極的に導入するとともに、スタッフも日々自身の技術向上に努めています。こちらでは当院の医院概要やスタッフ、また院内の様子をご紹介します。

医院概要

医院名 医療法人社団 山口歯科診療所
住所 〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3-1
エイヴィスプラザ203号
ご予約・お問い合わせ TEL:0798-34-3600
診療時間

calendar

※△……土曜午後は14:00~17:00

休診日 日曜・祝日
診療項目 虫歯治療(一般歯科)、小児歯科、根管治療、歯周病治療、予防歯科、審美セラミック治療、ホワイトニング、インプラント、入れ歯(義歯)・ブリッジ、訪問歯科、親知らず、口腔外科
最寄り駅 阪神電鉄本線 西宮駅
アクセス
  • 阪神電鉄本線 西宮駅から徒歩2分
  • JR西宮駅から徒歩10分
  • 阪急夙川駅から徒歩15分
MAP

スタッフ紹介

理事長
山口 真一郎
Shinichiro Yamaguchi

山口 真一郎 Shinichiro Yamaguchi

経歴
  • 平成11年  大阪歯科大学 卒業
  • 平成16年  大阪SJCD会員
  • 平成21年  スタディグループ歯庵 会長
  • 平成25年  スタディグループ歯庵 理事
  • 平成27年  CDTC (臨床歯学実践コース)インストラクター

~ご挨拶~

こんにちは、医療法人社団 山口歯科診療所の理事長、山口真一郎です。

当院は、1968年(昭和43年)に西宮市に開業した歯科医院です。現在のエイヴィスプラザ医療フロアーには、2003年(平成15年)12月に移転し、2018年(平成30年)11月に院内をリニューアルいたしました。

当院では、歯科医師をはじめとするスタッフが皆、積極的に学会や研修会・スタディグループへ参加しております。ただ受講するだけでなく、それぞれが発表する機会を得ることで、これまでに身につけた技術や知識に磨きをかけ、さらに新しい情報を知るよう心がけています。これらは、お口のトラブルを対症的に治療するのではなく、口腔内全体の今後のことを考えた「包括的診療」の実現に大きく関わっています。

私たちは、一人ひとりの患者様にとって最適な治療・よりよい治療とは何かと常に問いながら、中長期的にお口の健康を見据えたご提案をいたします。お口の健康について気になること、お困りのことがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

スタッフ
スタッフ スタッフ
私たちが責任を持って、患者様一人ひとりのお口の健康をお守りします。常に患者様の立場になって考え、患者様にとってよりよいアドバイスができるよう努めるとともに、一生気持ちのよいおつき合いができることを願い、スタッフ一同、日々研鑽に励んでおります。お口のことで気になることがありましたら、私たちにお気軽にご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

院内紹介

受付

来院されましたら、こちらの受付にお越しください。初診時や月初めには、保険証をご提示願います。わからないことがあれば、何でもスタッフにおたずねください。

受付

待合室

暖かみを感じる木目の床に、一つひとつデザインが異なる北欧製の椅子を起き、リラックスできるよう工夫を凝らした待合室です。お呼びするまでくつろいでお待ちください。

待合室

キッズスペース

お子様がケガをしにくいよう、畳を置いたキッズスペースです。安心してお子様をお連れください。

キッズスペース

診療室

天井に北山杉を使用した、ぬくもりを感じる診療室です。ゆったりとした空間で診療を受けていただけるよう、スペースを広めに確保しています。衛生管理も徹底しています。

診療室

診療ユニット

診療ユニットは、プライバシーに配慮して大きなパーテーションで区切られています。ほかの患者様の視線を気にせず、診療を受けていただけます。

診療ユニット

院内ラボ

当院では院内ラボを併設しており、常駐する高い技術を持つ歯科技工士と連携して治療を行っています。一人ひとりのお口の状態に合わせた技工物の製作が可能です。

院内ラボ

受付

待合室

キッズスペース

診療室

診療ユニット

院内ラボ

デンタルグッズコーナー
デンタルグッズコーナー

受付では、当院おすすめのデンタルグッズを販売しています。ブラッシングの仕方や、歯ブラシ以外のデンタルグッズの使い方など、ご質問があれば何でもおたずねください。

患者様向け資料
患者様向け資料

インプラント治療審美セラミック治療などについてご案内している、当院オリジナルの「治療説明ガイド」です。「先生に聞きそびれてしまった」ということも、こちらでご覧いただけます。どうぞご自由にお取りください。