歯周病治療

歯周病は、日本人がもっとも歯を失う病気です Periodontal

「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが赤く腫れている」

そんな症状に覚えがあれば、あなたは歯周病にかかっているかもしれません。歯周病は、プラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える歯ぐきや顎の骨を少しずつ溶かしていく病気です。悪化すれば歯は自立できなくなってグラグラし、最終的には抜け落ちてしまうのです。

「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが赤く腫れている」

実は日本人が歯を失う原因の第1位は、虫歯ではなく歯周病であるといわれています。西宮市の歯医者「山口歯科診療所」ででは、天然歯をできるだけ残すことを重視して歯周病治療に取り組んでいます。必要に応じて、外科手術への対応も可能です。大切な歯を失わないために、当院ですぐに歯周病治療を始めましょう。

歯周病セルフチェック

歯周病は初期に痛みなどの自覚症状がなく、自覚しにくいのが特徴です。以下の症状に覚えはありませんか? 一度自分でチェックしてみましょう。

  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 朝起きたときに口の中がネバつつく、気持ちが悪い
  • 歯ぐきが赤紫色に変色している
  • 疲れたときに歯ぐきが腫れる、歯が浮く感じがある
  • 歯がグラグラする
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
  • 歯が長くなったように見える
  • 口臭が強くなった気がする、または指摘された

これらの中に当てはまるものがあった方は、歯周病にかかっている可能性があります。早めに治療を開始できれば歯を失わずにすみますので、できるだけ早く当院までご相談ください。

歯周病の検査方法

歯周病治療の前には、現在どの段階まで進行しているのかを調べるための検査を行います。その結果を見て、その段階に適した治療法を用いて治癒を目指します。検査方法は、次の三つです。

レントゲン検査 歯周ポケット検査 歯の動揺度テスト
レントゲン撮影を行い、顎の骨がどれだけ溶かされているか状態を調べます。 歯周ポケットがどれだけ深くなっているかを、専用の器具を使って測ります。 歯を指や専用の器具でつまんで動かし、どれだけ揺れるかテストします。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯周病の進行と治療法について

進行段階 歯周ポケットの深さ 症状 治療法

歯肉炎

歯肉炎

2mm 歯ぐきに軽く炎症が起きており、ブラッシングすると血が出ることがあります。 【ブラッシング指導】
自分自身で適切なブラッシングができるよう指導します。これは重度の段階まで必要です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

3mm以下 顎の骨が少し溶かされ、歯ぐきが下がります。冷たいものがしみる知覚過敏や、口臭、歯ぐきの腫れなどが現れます。 【歯周ポケット掻把(そうは)術】
局所麻酔を施し、歯周ポケットの中にプラークや歯石を専用の器具で掻き出します。軽度~中等度まで行います。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

4~6mm 顎の骨が半分程度溶かされ、歯を舌や指で触るとグラグラします。 【フラップ手術】
局所麻酔を施して歯ぐきを切開し、歯根を露出させて、内部に付着したプラークや歯石を除去します。中等度~重度で行います。

重度歯周炎

重度歯周炎

7mm以上 顎の骨はほとんど溶け、歯ぐきが下がって歯が長くなったように見えます。歯のグラつきは大きくなり、知覚過敏、出血、口臭に加えて膿も出ます。 【再生治療】
溶かされて失った顎の骨を再生させる治療です。メンブレンという膜を使う「GTR法」や、特殊なゲルを使う「エムドゲイン法」などがあります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

歯周病治療とインプラント

歯周病が悪化すると、顎の骨や歯ぐきが溶かされて歯を支えきれなくなり、最終的に歯を失ってしまいます。もし、その状態のままでインプラント治療を行っても、インプラントを支えることはできません。

歯周病治療とインプラント

そのため、歯周病にかかっている方がインプラント治療を希望される場合には、まず歯周病治療をきちんと行うことが必要です。場合によっては、インプラントをきちんと埋入でき、長期的に維持できる状態に整えておくために、顎の骨や歯ぐきを再生させる治療を行うこともあります。

当院では、歯周病にかかっている方のインプラント治療も多数行ってきました。他院で「歯周病だからインプラントは難しい」と言われてしまったという方も、一度当院までご相談ください。